Top > 塗装 > 外壁塗装は自治体の補助金制度を上手く使えば工事の質を落とさずにコスト削減が可能!

外壁塗装は自治体の補助金制度を上手く使えば工事の質を落とさずにコスト削減が可能!

外壁塗装の工事費用は少なくとも100万円以上になりますから、なるべく低コストに抑えたい時は、下手に施工業者に値引き交渉するより居住してる地域の自治体に塗装工事の補助金の申請制度がないか一度確認してみる事をお勧めします。

 

塗装業者の中には、自宅まで営業に来て期間限定キャンペーンと称して安く工事を提供してる所もありますが、主に足場や人件費、塗料などからコストカットするケースが多いですから、外壁の耐久性を一番に考えるなら自治体の補助金で代金の一部を工面するほうが理想的になります。

 

一般的に自治体から出される補助金で賄えるのは、塗装工事に掛かる総費用の15%程度と十分に助けになる金額です。

 

しかし補助金を無事貰い受けるには自治体が独自に設けてる一定の条件をクリアする必要があり、そのボーダーラインとは家の築年数が5年以上である事や屋根塗装も同時に行う事、エコを考えた断熱塗料を取り入れた工事である事など様々なルールがあります。

 

又、補助金が受けられる組合に予め塗装業者が加盟してる事も条件になってくるので、外壁塗装費用の節約を考える時は先ず自治体の補助金制度の詳細をよく把握してから、業者選びをしても決して遅くはありません。

オンテックスの口コミ・評判は実際どうなの?

塗装

関連エントリー
外壁塗装は自治体の補助金制度を上手く使えば工事の質を落とさずにコスト削減が可能!